{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
{@ member.active_points @}ポイント
ショッピングガイド Q&A

テンプレート

山岳ライター / MOUNTAIN WRITER

MONTURA ATHELETE INTERVIEW
KOBAYASHI CHIHO

インタビュー・撮影/新井 知哉

山岳ライター / MOUNTAIN WRITER
小林 千穂

PROFILE

こばやし ちほ 山好きの父の影響で子どものころに山登りをはじめ、里山歩きから雪山、海外遠征まで幅広く登山を楽しむ。山小屋従業員、山岳写真家のアシスタントを経て、フリーのライター・編集者として活動している。著者に『DVD 登山ガイド穂高』(山と溪谷社)、『失敗しない山登り』(講談社)などがある。日本山岳ガイド協会認定、登山ガイド。
(ブログ:小林千穂の「山でわくわく」https://ameblo.jp/chihokobayashi/

気になったことはとことん知りたくなる

「気になったことがあったら調べたり、いろんな人に会って話を聞いたりするのがとにかく好きです。
興味を持ったことを取材することは楽しいし、今自分が知らないことを知りたい気持ちが強いです。
昔からですかね、小学校の自由研究で『富士山はどうやってできたのか』を調べたりしていました」

「今興味があるのは南アルプスの光(てかり)岳です。その辺りが高山に生息する何種かの動植物の南限であるようなんです。
例えばハイマツや、ライチョウなどですね。どうしてそこが南限なのかを自分の目で見て感じてみたい。
近年は温暖化の問題が囁かれていますので、もしかするとあと何年かでその南限の場所すばと感じていて、チャンスをうかがっているところです。」

日々の暮らしのなかで何ができるだろうか

「20年以上前になりますが、北アルプスの涸沢で働いていました。その頃と比べると、今は山の景色が違ってきているように感じます。
まず残雪量が少ない。当時は盛夏にスキー合宿のために子供たちが集まってくるほどでしたが、今はその頃に比べると残雪量が少なく、ガレ場が目立っている印象です。このまま雪が減って行ってしまうのではないかと心配になります」

「山の気候変化による動植物への影響は深刻だと思います。私は動物や植物、とくに山の花が好きなのですが、今は様々な固有種を見ることができても100年後はどうなっているのか、と漠然とした危機感のようなものを感じることがあります。
今私たちが見ている景色は何千年何万年という長い長い歴史がつくってきたもの。それを急激に失ってしまうのは大変なことですよね...。
この素晴らしい景色や高山植物をこの先も残していける様に、自分も何かできることをしていきたいと思っています」

小林千穂

誰かが気づいてくれるためのそんな役割ができるといい

「今までにもライチョウの人工繁殖や登山道維持の活動などに興味を持ち、味を持ち、自主的に取材してきました。
取材したことを記事にすることで、少しでも多くの人の目に留まれば良いなと。伝えることが私の役割なのではないのかなと思っています」

「温暖化や環境汚染といった問題を考え始めると、自行動や生活と矛盾することが少なからず出てきてしまいます。
また、生活だけでなく山の道具にも言えることですが、一定の便利さに慣れてしまうと、多少の不便さというか、変化を受け入れるのが難しくなったりもする。ただ、少しずつでもチャレンジはしていきたいと思いますね。自分の普段の生活を見直すのと同時に、登山ガイドの資格を活かして、子どもたちに自然の魅力や、貴重さを伝える活動をしていきたいです」

「MONTURAもあまり声高に環境のことを唱えるブランドでは ないように思うのですが、イタリア本社で続けている登山文化と自然環境への支援や製品に使われるリサイクル素材の多さなどからも、メーカーとしてそういった意識が高いことは間違い無いはずです」

山でMONTURAを見かけると嬉しくなります

「たまたま立ち寄った山小屋の靴箱にMONTURAの靴を見つけるとつい嬉しくなります。『履いてきたのはどの人だろう?』ときょろきょろしてしまったり(笑)。色やデザインも独特なのでお互い目立つというか引き合うようなところがありますし、MONTURAの良さが共有できる喜びはありますね。
声をかけていただいた流れで盛り上がることも多いですね。どのお店で買いましたか?とか(笑)」

着用耐久性のあるDELTAPEAK®素材

「DELTAPEAK®はぜひ直接肌面に着用したい、汗ばなれの良い素材です。表面もしなやかでひっかかり・ひきつれがない丈夫な素材です。自然素材に近いようなやさしい着心地で、薄いけどふわっとした感じがあって、程よく暖かさも感じます。軽いのもいいですね。縦走などの着替えとしても躊躇せず持っていける。
しわになりにくい素材なので、コンプレッションバッグから取り出してもしわを気にせず着ることができるのも魅力です。アウトドアウェア全般に言えそうですが、基本的に耐久性が高いので、長いこと愛用できるのが嬉しいですね」

小林千穂

▼着用アイテムの商品ページはこちらの画像をクリック

22ss